日本からオーストラリア・運転免許証書き換えの手順

メルボルン

日本の運転免許証をオーストラリアの免許証へ書き換える方法【ビクトリア編】

2019年4月16日

こんにちは!Keikoです。

私の住むメルボルンがあるビクトリア州では、日本の運転免許証をビクトリア州の免許証に書き換える事が出来ます。

オーストラリアで運転をしたい方はもちろん、運転の予定の無い方も、免許証はIDとして使えるので、持っているととても便利です。

日本人は実年齢よりも若く見られるので、お酒を買ったりパブに入ったりする時によくIDの提示を求められます。

このページでは、私が実際に行った日本の運転免許証をビクトリア州の免許証に書き換える方法を順序ごとにご紹介します。

メモ

オーストラリアでは州によりそれぞれ方法や決まりが異なりますので、必ずご自分の住む州での情報をご確認ください。

VicRoadsのウェブサイトで運転免許証書き換えの条件を確認する

ビクトリア州の道路交通の全てを管轄しているのはVicRoadsという機関です。

日本でいう道路交通局ですね。

運転免許証関係もこのVicRoadsが管理しています。

まずはこのVicRoadsのウェブサイトへ行き、自分の持っている日本の運転免許証の状態でビクトリア州の免許証に書き換えが出来るか確認してください。

書き換え可能か確認する方法

  1. トップページ左側の”I want to..."にカーソルを合わせる。
  2. "Looking for?"の欄の二番目にある"Convert my overseas licence"をクリックする。
  3. "Select the country your licence was issued"のカーソルから"Japan"を選択し"Next"をクリックする。
  4. 出てきたページで免許証を書き換えるために必要な資格や書類、注意事項等を確認する。

 

日本の運転免許証を英語に翻訳する

日本の運転免許証は全て日本語で表記されているので、まずは自分の免許証の内容を英語に翻訳しなければいけません。

インターネットで調べると、各種書類の英語翻訳サービスの会社は沢山出てきますが、日本の領事館でも英語翻訳のサービスを行ってくれます。

私は在メルボルン日本国領事館へ行き、英語翻訳をお願いしました。

費用は確か20ドルほどで、書類を受け取るまでの期間は二週間くらいだったと思います。

 

VicRoadsのウェブサイトで運転免許証書き換え手続きの予約をする

日本の運転免許証の英語翻訳書が準備出来たら、次に、VicRoadsのウェブサイトで、免許証書き換え手続きの予約をします。

書き換え手続きの予約手順

  1. トップページ左側の”I want to..."にカーソルを合わせる。
  2. "Looking for?"の欄の二番目にある"Convert my overseas licence"をクリックする。
  3. "Select the country your licence was issued"のカーソルから"Japan"を選択し"Next"をクリックする。
  4. "Bring to your appointment"欄の一番下の"Licence application"のPDFファイルをダウンロード・プリントアウトして、フォームに記入しておきます。(当日VicRoadsの窓口でもこのフォームは記入出来ますが、事前に準備しておくと手続きが早いです。)
  5. 次のページで自分の個人情報を入力して"Next"をクリックする。
  6. VicRoadsの予約を取る。希望の支店・日時で予約が決まったら"Next"をクリックする。
  7. 予約費用(18.80ドル+カード払い手数料0.10ドル)のクレジットカード支払い手続きをする。

1から7までの工程が終われば、免許証書き換え手続きの予約は完了です。

 

予約したVicRoads支店へ行って手続きをする

予約した日時にVicRoads支店に行きます。

その際は以下の持ち物を持参します。

  • 身分証明証(パスポート)
  • 日本の運転免許証と英語翻訳書
  • ビクトリア州の住所が確認できる書類(銀行からの郵便物や賃貸借用書等、自分の住所が記載されている書類)
  • Licence Application Form
  • Medical Report (持病がある場合のみ)
  • 眼鏡やコンタクトレンズ(運転に必要な場合のみ)
  • 運転免許証交付費用(3年で80.80ドル)

係員に予約した事を伝え、自分の順番を待ちます。

自分の順番が来て窓口に通してもらったら、必要書類を提出して、そこで免許証用の写真を撮ります。

書類等に不備がなければ、運転免許証の費用を支払います。

私の時は3年の有効期限で80.80ドルでした。

その後、二週間ほどで運転免許証を郵送すると言われます。

これで窓口での手続きは終了です。

そして約二週間後、無事に郵送にてビクトリア州の運転免許証が送られてきました!

まとめ

運転免許証書き換えの手順

  1. VicRoadsのウェブサイトで運転免許証の書き換え条件を確認する。
  2. 日本の運転免許証を英語に翻訳する。
  3. VicRoadsのウェブサイトで運転免許証書き換え手続きの予約をする。
  4. 予約したVicRoads支店へ行き手続きをする。

オーストラリアは日本と同じく右ハンドルの左車線走行な事もあり、日本の運転免許証保持者は運転試験等は免除されるようです。

しかしその分、交通ルールや標識の意味等を知らなくてもビクトリア州の運転免許証を取得出来てしまいます。

実際に運転をする前にビクトリア州の交通ルールを勉強して、トラブルや事故の無いように気を付けましょう。

ビクトリア州の交通ルールの詳細はVicRoadsのウェブサイトのRoad Rulesページで確認できます。

安全運転で楽しいオーストラリア生活を!
あわせて読みたい
オーストラリアでの中古車購入とその後の手続きの流れ
オーストラリアでの中古車の購入方法と購入後の手続きの流れ【ビクトリア編】

こんにちは!Keikoです。 オーストラリアで車が欲しい!だけど車探しや購入の手続きとか色々難しそう...。 オーストラ ...

続きを見る

-メルボルン
-, ,

Copyright© 大人の海外生活 , 2020 All Rights Reserved.