日本の食料品が買えるお店・メルボルンCBD

メルボルン

【メルボルンで日本食材】CBDで日本の食料品が買えるアジアンスーパーマーケット

2019年5月21日

こんにちは!Keikoです。

私はオーストラリアに来る前、現地で日本食が食べられるのか少し心配していました。

オーストラリアに行ったら、毎日オージービーフバーベキューやミートパイを食べることになるのだろうか...と(笑)。

しかし、多民族国家、特に様々な人種が共に生活するここメルボルンには、日本食レストランや日本の食材が買えるスーパーマーケットが沢山あるので、そんな心配はいりません!

このページでは、メルボルンCBDにあるアジアンスーパーマーケット【TANG】をご紹介します。

よろしければ最後までご覧ください。

メモ

ここで紹介する日本円価格は、1ドル=76.10円で計算しています。

TANG - The Asian Food Emporium

 

このお店は、CBD内チャイナタウンの近くのRussell Streetにあるアジアン食材専門店です。

アジア各国の食材を取り揃えていますが、その中でも日本の商品が多い印象です。

取扱商品

生鮮食品

冷凍食品

調味料

お米

飲み物

お菓子

乾麺

インスタントヌードル

レトルト食品

$10以下の支払いにはサーチャージがかかりますので、お買い物の際は現金を用意しておくと良いと思います。

味噌・醤油・レトルト食品・マヨネーズ

見てください!

こんな感じで日本の商品がずらっと並んでいます。

もうこれを見るだけで軽くテンションが上がりますね。

 

お味噌は白・赤・合わせに加え、減塩やだし入り、更には有機大豆のものなども揃っています。

私はほぼ毎日お味噌汁を作るので、ここまで沢山の種類があるのはありがたいです。

価格は4.90ドルから9.20ドル(373円から700円)くらいで売っています。

 

お醤油も、キッコーマンヤマサといったメジャーなものを中心に、種類も豊富です。

濃い口・薄口・刺身用のほか、グルテンフリーのお醤油も売っています。

日本ではグルテンフリー食品ってまだまだ流通していないですよね。

価格は1リットルボトルで8.20ドルから10.90ドル(624円から829円)くらいです。

小さいボトルの物ならもう少し安く買えますが、私は家で自炊をする時に醤油はよく使うので、1リットルのボトルを買っています。

 

日本でおなじみのレトルト食品も売っています。

お鍋のスープや丼の具、更にはエビチリや麻婆豆腐の元も揃っています。

メルボルンにもレトルト食品はありますが、正直私の口には合いません(苦笑)。

やっぱり日本のレトルト食品がクオリティ高くて美味しいです!

お鍋用のスープは6.50ドル(494円)、レトルト丼は3.30ドル(251円)で売っています。

 

マヨネーズ界最強との呼び声も高いキューピーマヨネーズはここメルボルンでも人気です。

オーストラリア人でもキューピーマヨネーズのマヨラーは多いです。

キューピーブランドは普通のスーパーマーケットにも置いてありますが、値段を見るとアジアンスーパーで買った方が若干安い気がします。

価格は小さいボトルで3.90ドル(296円)、大きいボトルで6.80ドル(517円)で売っています。

写真中央の緑のパッケージは確かわさび味のマヨネーズだった気がしますが、食べたことが無いので今度買ってみようと思います。

うどん・そば・そうめん

乾麺も種類豊富に置いてあります。

茶そばや太麺の田舎うどんに加え、日本のお中元の定番、揖保乃糸までオーストラリアで買えるとはびっくりですね。

価格は2.90ドル(220円)から7.90ドル(601円)で売っています。

インスタントヌードル・カップ麺

インスタントヌードルコーナーはこんな感じで商品がずらりと並んでいます。

このお店では一食分のばら売りがメインなので、いろんな種類を試して自分のお気に入りの物が探せます。

お馴染みの出前一丁辛ラーメンなどの韓国系ヌードルのほか、トムヤムクン・ラクサ・ミーゴレンといったアジアンヌードルも沢山揃っています。

価格はばら売りで80セントから2.60ドル(60円から197円)で売っています。

 

そして、日本のインスタントヌードルコーナーはこんな感じになっています。

サッポロ一番ラ王マルちゃん正麺が日本代表として並んでいます。

そしてさらにはチキンラーメンまで売っています。

日本のラーメンって最強ですよね!

暫く日本に帰っていない私としては、日本のインスタントヌードルの種類の豊富さにびっくりします。

柚子塩味とかものすごい美味しそうですし、日本企業のやる気と努力を感じますね。ありがとうございます!

価格はばら売りで2.40ドル(182円)から、5食袋で7.50ドル(570円)から売っています。

 

日本のカップ麺もこんな感じで置いてあります。

日本にいる時はどん兵衛はよく食べていたので、メルボルンでも買えるのは嬉しいです。

そしてカップ焼きそば一平ちゃんも美味しいですよね!

マヨビームにそそられる!

写真には載っていませんが、日清のカップヌードルも置いてあります。

価格は3.20ドルから4.90ドル(243円から372円)で売っています。

店舗情報

このお店はCBD内チャイナタウンの近くのRussell Streetにあるので、交通の便も良く便利です。

シティに行った際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

TANG - The Asian Food Emporium

住所:185 Russell Street, Melbourne VIC 3000

営業時間:月曜-日曜 10:00-23:00

ウェブサイトはこちらから(外部リンク)

最後までご覧いただきありがとうございました!
あわせて読みたい
日本の食料品が買えるお店・チャドストーンショッピングセンター
【メルボルンで日本食材】チャドストーンショッピングセンター内で日本の食料品が買えるお店

こんにちは!Keikoです。 メルボルンでの暮らしが大好きな私ですが、食に関してはやっぱり日本食が一番好きです。 私は健 ...

続きを見る

-メルボルン
-, ,

Copyright© 大人の海外生活 , 2020 All Rights Reserved.